リビング、トイレの壁穴補修工事

もともと、下地が少ない部分の壁は壊れやすく強度が弱い部分があります。注意していないと、強い力が加わると破損する場合もあります。

築30年以上経過している壁は下地も少なく、ボード自体も少し薄い場合が多く特に注意が必要です。

リビング、トイレの壁穴補修 リビング、トイレの壁穴補修

破れた壁紙をそのままの状態で補修致しました。下地ボードの入れ替え工事と、下地補強を行っております。

施工後は、ノリを付けているためしっかり乾燥するまで、ぶよぶよな状態になっております。しっかり乾燥することできれいに元に戻ります。

 

お客様で補修されると、補修材の種類などが違う場合がありますので、触らずお問合せください。