今回は、スイッチを固定する周辺の壁材が劣化していて、しっかりと固定が出来ないため、壁の補修とクロス補修工事を行いました。
マンションなどのスイッチでは、壁とスイッチを固定す方法として、ハサミ金具を使用している場合が多く、スイッチに過度な衝撃が加わるとスイッチまわりの壁材が破損してしまうことがあります。

スイッチやコンセントを埋め込むための寸法サイズが決まっているため、大きくなってしまうと固定する事が出来なくなってしまいます。 今回は、周辺の壁紙を一度剥がしてボード下地の補強と一部クロスの補修を行いました。

 

スイッチ壁穴 スイッチ壁穴

 
電気設備の周辺は、電線が多く壁内部にありますので、ビス止めなどの作業は漏電防止などに配慮しながら行います。
弊社では、電気設備工事などスイッチ、コンセント交換も同時に行っておりますので、合わせてご注文頂けますと割安になります。