札幌市中央区壁穴補修工事
ロフト部分に開いた壁穴を補修致しました。 壁の下地材は、一般的に厚さで9.5mmと12.5mmの石膏ボードを下地に使用している場合が多く、衝撃などにより下地が入っていない部分は穴が開きやすいので、注意が必要です。叩いたり、モノをぶつけたりしても開いてしまう場合があります。
今回は、破れた壁紙をそのまま再利用して修復致しました。
札幌市中央区壁穴補修
札幌市中央区壁穴補修
札幌市中央区壁穴補修
 
仕上げた壁紙部分は、ノリを付けているので、乾燥するまで時間が必要になります。また、完全に乾燥するまでの間は、周りの壁紙に比べて色が異なります。
万が一壁に穴をあけてしまっても、無理に補修しようとせず、お問合せください。 補修キットなどを使用した場合は、綺麗に修復できない場合もございます。
札幌市中央区壁穴補修