壁紙の模様がはっきりしている場合は、新しい壁紙を張替て補修をします。数年経っている場合は、メーカー品に同じ柄が無い場合がありますので、工事範囲が大きくなってしまう事もあります。破れた壁紙の破片がすべて残っていない場合は注意が必要です。

柄クロスの補修 

柄クロスの補修 

今回は、メーカー品に同じ種類の壁紙がありましたので、そちらで補修を致しました。